専門家が厳選!ファクタリング上位5社徹底比較 | 売掛金買取で賢く資金調達

ファクタリング業者徹底比較
最短1日のスピード入金で、資金調達手段として急増しているファクタリングサービス

多数の業者からどこを選べばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、最適なファクタリングサービスをわかりやすく徹底解説していきます。

優良ファクタリング業者の選び方
  1. 審査や入金スピードの速さ
  2. 最低手数率
  3. オンライン対応の有無
  4. 審査通過率
  5. 運営元の実績・信頼性
無料かんたん診断
ファクタリング無料診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

絞込検索機能


ファクタリングとは?

ファクタリングとは

ファクタリングとは、企業が持つ売掛金(クレジットカード払いや後払いなど、商品やサービスを提供したがまだ代金が支払われていない債権)を、金融機関や専門業者に買い取ってもらい、早期に現金化することを指します。

ファクタリングを利用することで、企業は必要な資金調達を早期に行うことができます。売掛金が現金化されることで、企業はキャッシュフローを改善し、経営資源を自由に使うことができるようになります。また、ファクタリングによって得られる資金は、銀行借り入れなどのように担保や保証人が必要ないため、資金調達がしやすくなります。

ファクタリングは、資金調達の他にも、売掛金管理や債権回収のリスク管理などの効果もあります。ただし、ファクタリングは買取価格が割引されるため、通常の債権回収よりも手数料が高くなる場合があります。また、ファクタリングを利用することで、売掛金の管理や債権回収に関する一部の権限が、買い手である金融機関や専門業者に移るため、事前に契約内容を十分に理解しておくことが必要です。

ファクタリングを利用する流れ

ファクタリングを利用する流れ

ここではファクタリングを利用する流れについて時系列順で解説します。

STEP.1
お問い合わせ
まず、ファクタリング会社に連絡し、自社が発行する請求書の売掛金を譲渡することを申し出ます。
STEP.2
審査
ファクタリング会社は、請求書の内容や取引先の信用情報などを調査し、利用可能かどうかを判断します。
STEP.3
契約
利用が承認されると、ファクタリング会社は請求書の一部または全部を買い取り、利用者に売掛金の一定割合(通常は70〜90%)を前渡しします。
STEP.4
振込金額の確認
請求書の支払い期限が来ると、ファクタリング会社が取引先に請求書を送り、代わりに売掛金を回収します。
STEP.5
取引先の支払いを待つ
取引先が請求書を支払ったら、ファクタリング会社は売掛金の残りの部分から手数料を引いた後、利用者に残金を支払います。

ファクタリングを利用する手順は簡単で、債権の査定結果に基づいて即日で資金調達が可能です。ただし、利息や手数料が発生するため、必要な分だけ利用することが重要です。

 ファクタリングを利用するメリット

ファクタリングのメリット

ファクタリングを利用するメリットについてご紹介します。

最短即日で資金調達が可能になるので、緊急時にもありがたいサービスです。

メリット①:早期資金調達が可能

ファクタリングは、請求書の売却によって即座に資金を調達することができます。

融資やクレジットカード決済などのように審査や手続きが必要ないため、すぐに現金が手に入ります。

メリット②:売掛金の回収リスクを軽減

ファクタリングを利用することで、売掛金を手放すことで、債権回収のリスクを軽減することができます。

ファクタリング会社が債権を買い取るため、債権回収に伴うリスクや手間が削減されます。

メリット③:資金繰りの改善

請求書の支払いが滞ることによって資金繰りが悪化することがあります。

ファクタリングを利用することで、請求書の支払いを早めることができるため、資金繰りの改善につながります。

メリット④:融資よりも利息負担が少ない

ファクタリングの利息負担は、融資よりも低いことが一般的です。

融資では多くの場合、借入金額に応じて高い利息が発生しますが、ファクタリングでは請求書の売却額に応じて利息が発生するため、利息負担が軽減されます。

メリット⑤:融資枠の範囲を超えて資金調達が可能

融資枠が限られている場合、必要な資金を調達することができないことがあります。

ファクタリングを利用することで、融資枠に依存せず、必要な分だけ売掛金を売却して資金調達をすることができます。

無料かんたん診断
ファクタリング無料診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

ファクタリングの活用事例

ファクタリングの活用事例

ファクタリングの活用事例をご紹介。

人件費が高い業種や、海外企業とも取引がある会社、支払いまでのサイクルが長い業種の利用割合が高かい傾向にあります。

ファクタリングの活用事例①:資金繰りが厳しい中小企業

中小企業の場合、取引先からの入金が遅れることが多く、資金繰りに苦しむケースが多々あります。

ファクタリングを利用することで、売掛金を現金化することが可能になるので、いざという時に利用する中小企業は多いです。

入金までのスピードが早いファクタリング業者を選べば、事業を円滑に運営するための資金調達が迅速に可能になります。

ファクタリングの活用事例②:流動資産が必要な成長企業

成長企業の場合、設備投資や新規事業立ち上げのために流動資産が必要となることがあります。

こうした場合、ファクタリングを利用することで、既存の売掛金を現金化することが可能になります。

突発的に必要になった資金の調達ができるのもファクタリングの特徴です。

ファクタリングの活用事例③:外国企業との取引が多い企業

外国企業との取引が多い場合、通常の売掛金決済よりも支払いが遅れることが多いため、資金繰りが厳しくなることもよくあるケースです。

送金に時間がかかってピンチの時でも、ファクタリングを利用することで、早期に資金を確保することができます。

想定外の出費において活用しやすいのがファクタリングの一番のメリットといっても過言ではないでしょう。

【注意】一括ファクタリングはおすすめしません

一括ファクタリングはおすすめしません

一度に10社程度のファクタリング会社に申込できる一括申込サービスは便利ですが、個人情報や経営状況が不透明な会社に情報が渡ることには注意が必要です。

自社の情報がどの会社に渡るかを確認することが重要です。

実績のあるファクタリング会社3社程度を選び、公式サイトから直接審査を依頼することをおすすめします。

厳選されたファクタリング会社の中から申し込みをしてみましょう。

ファクタリングのよくある質問

ファクタリングのよくある質問

ファクタリングの利用を検討している方の中には、利用すること自体が初めての方も少なく無いかと思います。

ファクタリング初心者の方が疑問に思いやすいポイントを質問形式でまとめました。

ファクタリングの手数料は、通常の3社間ファクタリングでは1%~5%とされていますが、2社間ファクタリングの場合には10%~30%と高くなるため、注意が必要です。

ただし、これらの手数料は一括ファクタリングの場合に適用されるものであり、医療ファクタリングや国際ファクタリングなど、ファクタリングのジャンルによっては手数料が安くなる傾向があることも覚えておきましょう。

全てオンラインで完結可能なファクタリング会社もありますが、対面で契約を行う会社の方が多いです。

ファクタリング会社が契約を対面で行う理由は、印鑑の確認や手続きのスピードアップのためだとされています。

多くのファクタリング会社が、契約書類に使用する印鑑と印鑑証明書の印鑑が同じかどうかを確認することで契約をしっかり行っています。

また、郵送で書類をやりとりすると時間がかかるため、直接会ってスピーディーに進めるファクタリング会社もあります。

これらの手続きを行うファクタリング会社は優良企業であることが多く、逆に電話一本で契約できるファクタリング会社には悪徳業者がいる可能性が高くなります。

使い勝手がよい会社を選ぶか、手続きをしっかり行う会社を選ぶかは、考え方によって異なります。しかし、これらの違いを把握しておくことで後悔することが少なくなるでしょう。

ファクタリング会社は、金融系やメーカー系の場合は各地方の財務局に相談する必要がありますが、独立系の場合は担当する公的機関が存在しないため、弁護士に相談することをおすすめします。

ファクタリングに精通した弁護士に相談すると、スムーズに適切なアドバイスを受けることができます。

ファクタリングの会計処理には、以下のような流れがあります。

①買掛金をファクタリングする場合、債務の引当金を設定する
②ファクタリング手数料や買戻し手数料などの費用を処理する
③ファクタリングによって入金された金額を、買掛債権から差し引いて売上として処理する
④ファクタリング後の売上に関する消費税の処理を行う

また、ファクタリングの種類や契約内容によって、会計処理が異なる場合があります。例えば、逆ファクタリングを利用する場合は、買掛債権を資産として処理することになります。

①短期間で資金を調達できる

ファクタリングは、請求書を売却することで資金を調達するため、他の資金調達法に比べて短期間で資金を調達できます。

②資金調達に伴う債務が発生しない

ファクタリングは、請求書を売却することで資金を調達するため、借入金や債務が発生しません。

③売掛金の回収リスクを回避できる

ファクタリングにより、売掛金を売却することで、売掛金の回収リスクを回避することができます。

④融資と比較して手続きが簡単

融資に比べて手続きが簡単であるため、短期間で資金を調達する必要がある場合や、融資が難しい場合に選ばれることが多いです。

ファクタリングにおいて、債権譲渡登記を行うことで、債権譲渡によってファクタリング会社に譲渡された債権が、債務者に対して有効なものであることを確認するためです。

債権譲渡登記が行われることで、債務者は債権譲渡の事実を知り、将来的に債務履行を行う際に、譲渡先であるファクタリング会社を優先的に支払うことが求められます。

また、債権譲渡登記を行うことで、譲渡先であるファクタリング会社が債権を有することが公的に認知されるため、他の債権者や取引相手に対しても信頼性が高くなることも理由のひとつです。

通常、大量の売掛金が発生する企業間取引を行う業種においては、ファクタリングが制限されることはありません。ただし、一部のファクタリング会社では、業種や業態に関する制限を設けている場合があります。詳しくは問い合わせてください。

ファクタリングは借入金ではなく、保証人や担保は不要です。

売掛金さえあれば、ご利用可能な場合がほとんどです。

設立年は関係ないと思って頂いて大丈夫です。

2者間ファクタリングにおいては、売掛先の承諾や連絡は不要です。

無料かんたん診断
ファクタリング無料診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断